特別養護老人ホーム(特養)とは?サービス内容、料金、選ぶときのポイントについて

特別養護老人ホーム(特養)とは?サービス内容、料金、選ぶときのポイントについて

特別養護老人ホーム(特養)とは?

特別養護老人ホームは、介護保険法に基づいて設立されていて、介護サービスを提供する為の施設になります。

さらに介護認定を受けた方が利用可能な施設です。

たとえば、寝たきりや認知症などで常に日常生活に支障をきたし介護を必要とし、居宅での生活が困難な方に対して、

入浴・排泄・食事等の介助、日常生活の世話、残存機能を保持する為の機能訓練、看護師等による服薬管理や体調面での健康管理、療養上の世話を行う施設になり主に社会福祉法人等が運営している施設になります。

そして基本的に生活介護が中心になります。

また介護保険の改定に伴い、原則として、65歳以上の要介護者(要介護3以上)の認定を受けた方が入所の対象になります。

特別養護老人ホーム(特養)で受けられるサービス

まず、入居するとケアマネージャーによりケアプランが作成されます。

これは個別のプランで、入居された要介護者やご家族が望む要望などが出来る限り反映されたプランになります。現在、主流になりつつあるのはユニットケアです。

これは、1ユニット9~10名の利用者様で構成されていて、完全個室が確保されプライバシーにも配慮されています。

さらに介護職員の数が多く、入居者3人に対して1以上の介護職員の配置が義務づけられているので、色々なレクレーションなども充実して行う事が出来ます。

また、少人数のユニットなので利用者様同士のコミュ二ケーションなども容易になります。

施設によって異なりますが、年中行事に力を入れている特別養護老人ホームもあり季節の移り変わりやイベントなども楽しむ事が出来ます。

食事に関しては厨房を有している施設がほとんどで管理栄養士を中心に毎食提供されます。入浴に関しては施設ごとに異なりますが、基本的には週に最低2回は必ず入浴を行う様になっています。

寝具等についても、委託業者が居て毎週新しいシーツなどの交換があります。

また、地域密着型の特別養護老人ホームでは、地域の小学校の子供たちが定期的に慰問に訪れ、利用者様とのふれあいの場を持つこともあります。

基本的に買い物なども自由で、職員が付き添いで買い物に出掛けたり、ジュースなどの嗜好品も医師の指示が特にないのであれば、ぜんぜん大丈夫な所がほとんどだと思います。

特別養護老人ホーム(特養)の費用について

特養にかかる費用は、入居一時金がなく、月額費用のみです。

月額費用の内訳も施設で共通しており、「施設サービス費+居住費+食費+その他日常生活費」の合計を支払います。

居住費と食費は、各施設と利用者との契約の内容によって異なりますが、施設サービス費は同じ地域であれば一律です。

ただし、介護度と部屋のタイプによって異なり、介護度が高い人ほど費用も高く、部屋のタイプもユニット型個室が最も高く、従来型個室、多床室の順に続きます。

特別養護老人ホーム(特養)のメリット・デメリットとは?

特養のメリット

特別養護老人ホームが選ばれやすい最大のメリットは、何と言っても利用料金の安さです。

入居時も入居一時金など不要で、他の介護施設より費用を抑える事ができます。

また長期入所が可能で、一旦入所すれば退所しなくてもよいという利点もあります。

さらに、普段在宅介護をしている家族が一時的に介護できなくなったとき、ケアマネジャーを通じてショートステイ(短期間入所)の予約を取れるのも、特別養護老人ホームならではです。

特養のデメリット

デメリットとしては、一旦入所するとそのまま退所しなくて済みますが、その入所までが一苦労という面があります。

2015年4月から特別養護老人ホームの入居基準が厳格化されて、入所者は原則「要介護度3以上」に定められました。そのため、要介護度2以下の人は一部例外を除いて入居出来なくなりました。

また、入所希望者の待機人数が増えたため入所までに2~3年を要するなど、待ち時間が大幅にかかってしまうのが現状です。

また医療面でも、特別養護老人ホームが「看護師3人で利用者100人を看る」環境な為、医療処置が常時必要な人にとっては、医療施設の整った他の施設と比べれば対応が不十分と言えます。

特別養護老人ホーム(特養)の利用方法、選ぶときのポイント

利用の際はまず、施設に見学に行って下さい。できれば入所する予定の方と共に。ただこの時に注意があります。

急に見学に行っても担当者がいない場合があり、詳しい説明を聞けないまま時間だけが過ぎてしまいます。

ですので、必ず電話で予定を合わせて下さい。次に見学時のポイントはまずは職員の態度です。

大切な家族を預けるわけですから、職員の様子は重要です。

見学者や面会者に対してのあいさつはもちろん、重要なのは1人1人の利用者様に対しての話し方や接し方には注意して下さい。

また費用についても詳しく確認することを勧めます。介護保険の自己負担額は制度によって決められています。

それには算出の根拠が必ずあります。内容は難しいかもしれませんが、できる限り確認し、不明な部分は後日問い合わせるようにして下さい。

そして何より、入所する方の気持ちになって考えて下さい。

デメリットでもあげましたように、「自分の意思で入所はしない」ことがほとんどです。

だからこそ、入所する立場になり考え、入所後も関わっていくことが重要です。

 

介護サービスの比較カテゴリの最新記事