ショートステイとは?サービス内容、料金、選ぶときのポイントについて

ショートステイとは?サービス内容、料金、選ぶときのポイントについて

ショートステイとは?

ショートステイは短期入所生活介護ともいわれ、要支援1から要介護5までの介護認定を受けて自宅で生活されている高齢者の方が1泊2日から1週間程度の期間で施設入所できるサービスのことです。

自宅で生活しながら時々施設に宿泊するようなサービスだと考えるとイメージしやすいと思います。

ショートステイの連続利用日数は最長30日までしかできず、31日目(1か月30日の月は30日目)の利用料は介護保険の適応外のため全額自己負担となります。

ショートステイには「併設型」と「単独型」の2つのタイプがあります。

「併設型」のタイプは介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や介護老人保健施設などに併設されていて、施設内に宿泊することになります。

「単独型」のタイプは、「併設型」のような施設には併設されてらず、ショートステイを専門とした施設に宿泊することになります。

ショートステイの利用対象となる方は、要支援1から要介護5までの認定を受けた高齢者の方と、40歳~64歳で特定疾病により要介護と判断され同じく要支援1から要介護5までの介護認定を受けている方が対象となります。

ショートステイで受けられるサービス

ショートステイは、在宅介護をしている家族などの不在時に自宅での生活ができない場合や、長期的に在宅介護を行っていくにあたり、家族の介護負担を軽減するためなどに利用されることが利用目的の大半を占めます。

ショートステイを利用するに当たって最初に行うべきことは、ケアマネジャーとの契約を行うことが必要になります。

ケアマネジャーとの契約を行った上で、どのような目的で利用するのか、いつ利用するのか、利用したい日数が受けている介護認定の限度額の範囲内での利用が可能かなどを調整し、ケアプランと呼ばれる計画を作成してもらう必要があります。

ショートステイとして受け入れる施設はケアマネジャーの作成したケアプランに基づきサービスを提供することになります。

そのため、計画は1か月単位で作成する必要があり、先の予定を確認しながらショートステイの利用を計画する必要があります。

ショートステイには大きく分けて短期入所生活介護と短期入所療養介護の2つがあります。

短期入所生活介護は、食事や入浴、排泄といった生活介護と機能訓練が受けられる生活介護を主体とした福祉的サービスで、介護老人福祉施設や有料老人ホームなどで提供されています。

生活援助の主体は介護職員となり、その他には機能訓練指導員が配置されている施設では機能訓練やレクリエーションなどを受けることができます。

短期入所療養介護短期入所療養介護は、リハビリや医療ケアなどがある場合に医療的なサービスを受けられるショートステイで、介護老人保健施設や介護療養型医療施設なでで提供されています。

短期入所生活介護と同じく、食事や入浴、排泄など生活介護を基本とし、医療的なケアも可能になります。

主体となるのは介護職員ですが、それに加えて看護師や医師、リハビリを行う理学療法士や作業療法士などが配置されています。

ショートステイの費用について

ショートステイの費用は、要介護度、施設の種類、部屋のタイプ、滞在日数、食費の要素で決まります。

要介護度が高くなれば、1日当たりの利用料は高くなりますし、利用する施設の種類や体制などの要素によっても料金は異なります。また、多床室や個室などの利用する部屋によっては差額室料が生じ費用が変動します。

滞在日数も費用面に大きな影響を及ぼしますので、利用日数はケアマネジャーと予算の範囲内に収まるようよく相談することが望ましいです。

ショートステイのメリット・デメリットとは?

ショートステイのメリット

ショートステイの一番のメリットは家族の介護負担の軽減が図れることです。

日々の介護によるストレスや疲れを解消することは、長期的に在宅介護を続けるためには非常に重要な要素となります。

要介護者と離れ、自分だけの時間を作ることで心身ともにリフレッシュすることができます。

また、予定を組み利用するため、在宅介護を頑張る目標もできます。働きながら在宅介護をしている方もショートステイを利用すれば、仕事と在宅介護を両立することが可能になります。

また、将来的に施設入所を視野に入れている方については、ショートステイを利用することにより施設利用の経験の蓄積や免疫を作っておくことができます。

ショートステイのデメリット

デメリットとしては、ショートステイ利用ニーズが多く、予約が取りづらいため、必ずしも希望した日程で予約できないこともあります。

急な事情でショートステイを利用することに備え複数の施設を利用しておくことも賢い選択になります。

施設での短期的な宿泊においては、毎回同じ環境、同じ顔触れということはないため特定の友人を作りづらく、環境が変化することも多くストレスや不安を感じる方もおられます。

特に認知症を有する方は環境の変化に伴い、認知症症状が進行する可能性もあります。

ショートステイの利用方法、選ぶときのポイント

要介護者の心身状態に応じて施設を選ぶことが望ましいです。

身体状態が安定しおり生活援助のみなら短期入所生活介護を、医療ケアやリハビリが必要なら短期入所療養介護を考えることを基本とし、あとは施設やスタッフの雰囲気も含め総合的な視点から選ぶことも重要になります。

不明な点などがあれば施設スタッフやケアマネジャーとも良く相談することをお勧めします。

施設を見学することも非常に重要なポイントとなり、見学時には、介護スタッフが利用者と接している対応や、食事やレクリエーションの様子、部屋や共同スペースの清潔感などを確認しておくと良いです。

そのほかにも、「見学対応するスタッフの言葉遣いや態度は適切か」「施設の清掃は行き届いているか」「スタッフ同士の言葉遣いの確認や連携が取れているか」という点も確認しておくと良いでしょう。

最後に、施設の対応を確認するに当たっては、「自分ならどう感じるか」という視点で確認・考察することが一番状況を把握しやすいことも覚えておきましょう。

介護サービスの比較カテゴリの最新記事