有料老人ホームとは?サービス内容、料金、選ぶときのポイントについて

有料老人ホームとは?サービス内容、料金、選ぶときのポイントについて

有料老人ホームとは?

有料老人ホームには、介護付き有料老人ホームと、住宅型有料老人ホーム、健康型老人ホームの3種類があります。

主に民間の企業が運営していることが多いですが、中には医療法人など医療系が運営している場合もあります。

まず住宅型有料老人ホームにおいては、介護等のサービスがついた高齢者向けの居住施設となります。

次に住宅型有料老人ホームは、生活支援等のサービスがついた高齢者向けの居住施設となります。

健康型有料老人ホームにおいては、食事等のサービスがついた高齢者向けの居住施設となります。

対象者においては、概ね65歳以上の方となりますが、介護保険を申請し認定を受けている方でも良いですし、特に問題のない自立されている方でも入居することができます。

有料老人ホームで受けられるサービス

有料老人ホームで受けられるサービスとしては、施設の種別によってことなります。

まず介護付き有料老人ホームでは、介護スタッフが常駐として配置されております。

その介護スタッフにより食事の配膳や、食事介助も含めての食事介護、オムツ交換からトイレ誘導、トイレ介助などの排泄介護、朝夕の着替えの介護であったり、

歯磨きや顔を洗う、髭をそったり髪をといたりなどの整容介護、入浴介護など日常生活上の介護サービスを受けることができます。

住宅型有料老人ホームにおいては、あくまで1人1人の住居という扱いになります。

基本の健康管理などの支援は常駐スタッフなどが支援してくれますが、日常の食事、整容、トイレ、更衣、入浴などの訪問介護が必要な場合は、外部の事業所から訪問にきてもらう形となります。

外部の事業所から訪問介護など来てもらう際は、介護支援専門員にケアプランを作成してもらう必要があります。

もちろん医療的な支援や点滴や人工呼吸器の管理および床ずれなどの医療的な専門的な処置が必要な場合も同様、介護支援専門員を通し、外部の事業所から訪問してもらう形となります。

健康型有料老人ホームにおいては、基本的に健康な方が入居の対象となっているため、介護サービスなどの提供はない形となっております。

また全体を通して、各施設のイベントへの参加、レクリエーション活動など行うことがあり、そこには基本的に参加することができます。

中には外出イベントもしてくれる施設などもあります。

有料老人ホームの費用について

有料老人ホームの費用については、各施設により大きく異なります。

入居一時金および毎月の利用料金が基本かかります。

入居一時金がかからない施設もあれば、数百万など各施設の建物の設備やスタッフの充実度などにより大きく異なります。

ある施設では、入居時に数千万円もかかる施設もある程です。

またこの毎月の賃料以外に、管理費や利用した分の水道代、光熱費代、食費代金、オムツなどの日常介護品の費用、洗濯クリーニング代金も別途かかる形となります。

日常の介護が必要な利用者の場合は、介護保険上で介護サービスを利用されることかと思います。

訪問看護サービス、訪問リハビリサービス、訪問介護サービス、通所リハビリやデイサービス日などの利用費用も保険割合負担に応じ1割、2割とこれも別途費用が上乗せされます。

有料老人ホームのメリット・デメリットとは?

有料老人ホームの種別によってメリット・デメリットも異なります。

介護付き有料老人ホームの場合

介護付き有料老人ホームのメリットとしては、介護スタッフが常駐しているため、24時間体制で介護を受けられることが最大のメリットですが、逆に介護が充実している分、費用が高くなってしまう傾向にあります。

しかし要介護度が重度の方も対応してくれるため安心して入居できます。

住宅型有料老人ホームの場合

住宅型有料老人ホームのメリットとしては、利用する介護サービスが基本的に外部委託となるため、利用者の状態や状況に合わせて、各サービスの事業所を介護支援専門員と相談し、自分達で選ぶことができます。

ただ利用するサービスが多いと費用の上乗せとなるため、結果的に全体の費用が高くなってしまうことがデメリットにも繋がります。

また状態の悪化や重度のアルツハイマー型認知症などを併発した場合、施設では介護しきれず他の専門の医療機関や認知症施設に移動させられることもあります。

健康型有料老人ホームの場合

健康型有料老人ホームにおいては、行事やイベントなどが充実しており活動的に生活できることがメリットですが、

逆に介護が必要になった際は、介護が受けられないため、退去しなくてはいけないことが最大のデメリットです。

有料老人ホームの利用方法、選ぶときのポイント

まず有料老人ホーム選びで大切なのが費用面となります。

自分の資産状況や年金収入や家族の経済的な支援状況に合わせた支払いできる費用にあわせた施設を選択することが大切となります。

費用が途中で払えなくなってしまえば、結果的に途中で退去しなくてはなりません。

利用者の今後の寿命は予測しきれませんが、今まで住んでいた住居を売り払いギリギリの資産で入居し、予想以上に長生きしていまい、

途中で資産がつきてしまっても退去することになってしまい、そのあとの行き場がない住まいがないという状況に陥る恐れもあるため注意が必要です。

また、それぞれの有料老人ホームにおいて、特徴やその施設の売りが異なりますが、身体に障害のある方や医療依存度の高い方の場合は、医療法人が運営している施設に入居されることをお勧め致します。

看護師が夜間問わず24時間配置されており、状態の悪い際でも処置してくれたり、緊急対応もしてもらえます。医師との連携も図ってもらえとても安心です。

介護サービスの比較カテゴリの最新記事