訪問介護サービスとは?サービス内容、料金、選ぶときのポイントについて

訪問介護サービスとは?サービス内容、料金、選ぶときのポイントについて

訪問介護とは?

訪問介護とは、ホームヘルパーや介護福祉士が、利用者の自宅に直接訪問し、その利用者本人に関わる食事・整容・更衣・トイレなどの排泄・入浴など日常生活動作における身体に直接接触して行う身体介助サービスと、炊事・掃除・洗濯などの家事を介助する身体介助以外の生活援助のサービスとがあります。

この生活援助は利用者が単身、家族が障害や疾病などのため本人や家族が家事を行うことが困難な場合に行われるサービスです。

また、もう1つ通院等乗降介助サービスがあります。

これはホームヘルパーなどが運転する介護タクシー車両に乗せ、病院まで送り届け、病院先での受診における手続きの介助や移動の介助まで行うサービスとなります。

どのサービスを利用していくかは、介護保険の限度額との兼ね合いもあるので介護支援専門員との相談が必要となります。

訪問介護で受けられるサービス

大きく3つのサービスがあります。

まず1つ目に身体介護サービスとは、オムツ交換やトイレ介助などの排泄介助、1人では食事をとることができない方のお手伝いをする食事介助、入浴関係の身体の清拭、全身浴や部分浴の介助、洗顔・髭ぞり、髪をとく、化粧をする、歯を磨くなどの身なりの整容の介助、上衣・下衣の更衣介助があります。

それ以外に寝たきりの方は寝返りもできないため、床ずれ予防のための体位変換、車椅子への移乗介助、1人で歩いて移動するにはバランスが悪く転倒の危険性のある方などに移動介助、起床や就寝介助、薬を飲めない方への服薬介助もあります。

2つ目に生活援助サービスがあります。

居室やトイレなどの掃除、洗濯物を洗濯機で洗い、干して取り入れ、たたんでしまうまでの介助、布団のシーツ交換や布団カバーの交換などのベッドメイキングもサービスが受けられます。

また食事を調理したり、配膳と配下膳や後片付けも支援してもらえます。

ほかには買い物や、薬の受け取りも支援が受けられます。

3つ目に通院乗降介助サービスがあります。

病院の通院、買い物、選挙の投票などの際に支援が受けられます。

この通院乗降介助サービスは要介護認定をされている方は利用できますが、要支援の方は利用ができないため注意が必要となります。

注意点としては、病院などへのお見舞いや地域行事への参加、冠婚葬祭や利用者の趣味嗜好に関わる行為や職場への移動などは対象外となります。

訪問介護の費用について

どのサービスを利用するのか、利用者の負担割合が1割なのか、2割なのかによっても費用は異なります。

また利用する時間帯が日中なのか早朝夜間なのか、深夜なのかでも費用が変わります。

時間帯の区分としては、早朝は午前6時から午前8時まで、日中は午前8時から午後6時まで、夜間は午後6時から午後10時まで、深夜は午後10時から午前6時までとなります。

また各事業所の基本料金以外の加算料金の上乗せがあるのか、利用者の住んで見える地域によっての地域の加算もあるため、おのおの費用は異なります。

詳細の金額は担当の介護支援専門員に相談することをお勧め致します。

訪問介護のメリット・デメリットとは?

訪問介護のメリット

訪問介護サービスを利用することのメリットとしては、施設ではなく最後まで、住み慣れた自宅で支援を受け生活が継続できるということです。

自宅での生活が継続できるということは、利用者本人の生活の質も維持できる可能性も高いです。

施設に入居すると環境が大きく変わり精神的な落ち込みや認知症の発症にも繋がることもよくあります。

また費用面においても、老人ホームなどの施設を利用することと比べると安く抑えることにもなります。

訪問介護のデメリット

デメリットとしては、訪問介護サービスは、スタッフ1人に対して利用者1人と、個々との対応がメインとなります。

お互い人間なため、相性があります。介護する側、介護される側ともに相性が合わないとコミュニケーションが上手く取りづらく気まづくなることもあります。

やはり日常の会話をするだけでも利用者さんも楽しみであり癒されることも多々あります。

もし相性が合わない場合などは、担当変更して頂けるかもしれないので、介護支援専門員に相談することをお勧め致します。

訪問介護の利用方法、選ぶときのポイント

どこの事業所の訪問介護を利用されるのか、どんなサービスを受けたいのか、また受けないと生活していけないのかなどは担当の介護支援専門員に相談することが必要となります。

訪問介護事業所によっては早朝や夜間・深夜の時間帯の訪問介護サービスは営業していない事業所もあるため、その辺りも訪問介護事業所選びのポイントにもなります。

また介護保険上で提供できるサービスには、制度上の縛りや限界もあるため、制度上の縛りを受けず生活の支援がしてもらえる保険外サービスを提供している事業所を選ばれるのも、実際の生活する上での助かり度合いは大きく違ってきます。

例えば老々世帯であり、利用者本人の食事は介護保険の制度上、生活援助として支援してもらえるが、夫の食事は作ることができないため、

保険外サービスを利用し、夫の食事も併せて作ってもらうのも実際の老々世帯での生活を継続していくには大変重要なことになります。

そのような幅広い視野で介護支援専門員にプランニングしてもらうことが大切です。

 

介護サービスの比較カテゴリの最新記事