グループホームとは?サービス内容、料金、選ぶときのポイントについて

グループホームとは?サービス内容、料金、選ぶときのポイントについて

グループホームとは?

グループホームとは、「認知症対応型共同生活介護」のことを言います。

介護保険を使用して利用する施設となります。

そのため、介護認定を受けていることが絶対条件となります。

介護認定は7つの区分があり、利用者は、65歳以上であり、要支援2もしくは要介護1以上に該当し、また認知症であるものを対象としております。

その「要支援2」に該当する方は「介護予防認知症対応型共同生活介護」、「要介護1以上」に該当する方は、「認知症対応型共同生活介護」と呼び名が少々変わります。

さらにグループホームは地域密着型サービスであることから、施設と同一地域内の住居と住民票があることが求められます。

そのため住み慣れた地域にあるグループホームを利用することができることは、メリットでもあります。

グループホームで受けられるサービス

グループホームでは、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排泄、食事等の介護そのほかの日常生活上の世話および機能訓練を行うことをいいます。

家庭的な環境で地域住民との交流のもと、日常生活の世話および機能訓練を行うことで、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援をしていきます。

たとえば、共同生活ですので、認知症に特化しているため、認知症に詳しい介護スタッフが常駐する施設も多く、認知症の利用者が中核症状だけでなく周辺症状に対しても工夫されている施設が多く、落ち着いて穏やかに過ごすことができます。

また、入居者の定員は、1ユニットあたり5人から9人で、1つの施設で2ユニットまで設けることができます。

1居室の定員は1人、もしくは個室か準個室が基本です。

さらに施設内には、入居者同士が交流できるスペースがあります。

また施設により異なりますが、キッチン、ダイニングルーム、トイレ、浴室、リハビリルーム、洗濯室など共同して使用できる施設が備わっています。

サービスの内容として認知症に詳しい介護スタッフがおりますが、医療、看護スタッフの配置は義務づけられてはいません。

しかしながら、近年需要が高まり、配置している施設も増えています。

先ほども述べたように利用者の自立を促すため、レクリエーションを踏まえながら機能訓練などを行うことや、利用者の趣味や特技に合わせて役割を配置するなどの支援を行っている施設もあります。

グループホームの費用について

入居の際にかかる費用として、入居一時金と保証金などと呼ばれる初期費用があります。

これは施設によって異なるため、その差は大きく定額な施設もあれば、数百万とかかってしまう施設もあります。

だいたいは100万程度が平均といわれています。

入居後の費用としては、介護認定により料金は変わりますが、介護保険料として自己負担1割(所得によって2割)を負担します。

また別途料金として光熱費や食費、そのほかおむつ代などの費用も自己負担となります。

グループホームのメリット・デメリットとは?

グループホームのメリット

グループホームを利用するメリットは、住み慣れた地域でまた住むことができるということです。

認知症の利用者は環境が変わるだけでも落ち着かなくなったり不快な症状として表現することがあります。

しかしながら、地域密着型サービスであるため、地域との交流がある施設も多く、なによりも利用者が安心して生活を営むことができるのです。

さらに小規模の共同生活となるため、アットホームな雰囲気であるグループホームが多いです。

たとえば、利用者の個性を大切にしますので、コーヒーを用意する係や、洗濯物を干す係などおのおののできることを行ってもらい、やりがい、生きがいを見いだすことができるのです。

認知症の高齢者が生き生きとした表情をみせている場面を何度も拝見したことがあります。

さらに環境面では、個室または準個室が居住スペースとなっているため、プライバシー、パーソナルスペースが守られ、利用者が穏やかに過ごすことのできることもメリットとなっています。

グループホームのデメリット

次にデメリットに関して、医療や看護職員の配置が義務づけられておりませんので、医療依存度の高い利用者は利用できなくなってしまうことがあります。

グループホームの利用方法、選ぶときのポイント

グループホームを選ぶときのポイントとしては、そのグループホームの雰囲気や大切にしていることなどが利用者と合っているかどうかが重要となります。

利用者主体となっており、利用者ができることできないことを職員が把握し、自立に向けてできていることは維持できるよう、できていないことはどのように改善したら、できるように導けるのかなどの支援をしているかどうかということもポイントとなります。

人間は自己効力感が高い、たとえば自分に自信をもつことができたり、役割を果たすことができたり、生きがいを見出すことができるとその人は生き生きとした表情をみせることがあります。

利用者の表情などもチェックするポイントとなります。また、衣食住を共にするため、介護支援職員などの対応はもちろんですが、食事の内容、外出行事の実施の有無など施設特有のサービスもチェックしておくとよいです。

さらに、看護職員が常駐していない施設は、体調を崩した際にどのような対応をしてくれるかどうかなど、協力医療機関や病院に併設されている場所ですとより安心です。

 

介護サービスの比較カテゴリの最新記事